ノースリーブが着れない

毛がごつくなってくるとそれまで着ていた服が着れなくなってしまいます。

私は暑いのが苦手で自宅ではだいたい腕や手足を露出するノースリーブと短パンという組み合わせが多いのですが、外出時にもよくノースリーブで出かけていました。ですがそれができたのは小学校くらいまでのことで段々毛がごつくなるにつれてその服装をするのが難しくなりました。

すごく気に入っているノースリーブも多かったのでショックだし、脇毛さえ生えなかったらもっと楽で可愛い恰好ができるのにと悲しく思いました。

それがきっかけになり、脇のムダ毛がすごく気になり出しました。きちんと抜いているのにも関わらず、毛はいつの間にか生えてきて全部抜いても抜き残りがあり、どうしてもワキが見える服が着れません。せっかく女性に生まれたのに関わらず自由にオシャレが出来ないのはとても残念なことです。

女性の楽しみを思う存分行うためにもムダ毛をなんとかしたいと思っています。

姉から聞いた話がきっかけ

私にはすこし年の離れた姉がいるのですが、その姉が言っていた脱毛の恐怖体験のせいでワキのムダ毛が気になりました。

姉は少し毛深い方で前から毛の処理の事を面倒だと言っていたのですが、面倒なのでワキ毛の処理をカミソリで剃っていました。ですがそのせいで毛穴が目立つようになって、ワキを見せたときにそこが黒々と目立つようになってしまいました。

友人に聞くとカミソリでの毛の処理が悪かったということを知ったようで、自分はもう遅いけど、絶対にカミソリで剃らない方が良いと言うことを教わりました。

ワキの状態を見せてもらって注意されると絶対に同じようなことはしないと心に誓いました。それ以来ワキのムダ毛には気を使い、ムダ毛処理は毛抜きで時間をかけて丁寧に行うようにしています。この処理は結構大変なので、その内いつかは脱毛サロンにて脱毛をしようということは決めてあります。

姉も脱毛をして今綺麗なワキを保っているので絶対にサロンにて脱毛を行いたいと思います。

友達の脇毛の衝撃

水泳の授業が頻繁にある夏はワキの処理は欠かせません。私も女子の身だしなみとして結構気にしている毛の処理ですが、私は一度衝撃的なワキを見てしまいました。

水泳の授業はその時、男女別になっていたので周りは女性だけだったのですが、女性とは思えないジャングルになっているワキを見てしまいました。

もともと少し変わった子ではありましたが、その脇毛を全く処理していない様子にドン引きしてしまった人は多数いたでしょう。

私もその中の一人であり、いくら周りに男性がいなくてもそれは駄目だろうと思いました。すごく仲良い子ではなかったため、目の前にして注意する勇気はありませんでしたが、女性としてもう少し恥じらいを持っても良いと思いました。

ですからこの目撃事件をきっかけに自分のワキのムダ毛もすごく気にするようになりました。いつどんなときでも、できるだけボーボーになる前に毛の処理をしてキレイな姿を保ちたいと考えるようになりました。

ワキへの視線

ワキのムダ毛は剃って処理しています。ワキの毛が気になるのは、やはり暖かい季節が近づいてそろそろ半袖を着ようかなと思う時期です。

冬場は、女性ならあるあるの長袖のため銭湯へ行くとか、何かで脱ぐ必要があるときにしか処理していない感じです。しかし、夏場は毎日気になるものの面倒な作業でもあると思ってしまうのが本音。どこかの国は、生やしっぱなしでもいいと知るととてもうらやましく思うものです。

ムダ毛といえど、本来は必要だから生えているのに、見た目のことだけで処理しなければならないなんてと思う私は不精者ですね。

こんなことを言うと、男性は幻滅するかもしれませんが私のように思う女性は案外いるものです。エステで永久脱毛すれば?とか簡単に言う人もいますが、永久脱毛でワキ汗が止まらなくなったなんて聞くとそれも躊躇してしまいます。(個人差はあります)もちろん一回では終わらないし、料金もかさむとなれば誰でも簡単に出来るものではありません。

しかし、最近では男性もワキの処理をしているとか?失くすのではなく整える?ますます自分の面倒くさがりな性分を恨みます。(笑)

格安脱毛